オールマン・ブラザーズ・バンド公演 09/03/16@ビーコンシアター

今回の旅のメイン。

オールマン・ブラザーズ・バンドのライブ。

 ニューヨーク ビーコンシアター入口


憧れのニューヨーク・ビーコンシアターで観ることができました。

ニューヨーク ビーコンシアター


今回のライブはオールマン・ブラザーズ・バンド結成40周年と銘打たれた記念ライブだったのでとてもスペシャルな内容でした。
ABB ビーコンシアター公演


また結成時のメンバーで1971年10月29日に亡くなったデュエイン・オールマンのトリビュートライブでもある。

このバンドのリーダーであり立役者でもあった。

ライブのところどころでステージ後ろのモニターにデュエインの若かりし頃のスライドが流れる。切ない。
デュエイン・オールマン


この日のゲストはジョン・ハモンド、スーザン・テデスキー、ボニー・ブラムレット。

今までオールマンズやデュエインに関わった人が日替わりゲストという形で登場しまくります。

でも誰が出るかは当日、その場にならないとわからないので出てくるまでがドキドキです。

この日一番嬉しかったのはボニー・ブラムレットが出てきてデラニー&ボニーの曲からComin’HomeとOnly You Know and I Knowの2曲やってくれたこと。
彼らの曲の中でも大好きな2曲を。

さらにはTHE WIGHTも歌ってくれた。

日本にいたら絶対に観ることができない人だし大好きなアーチストだったので観ているうちに鳥肌が立っていた。。。

第一部、第二部、アンコールを含め2時間半のトリップ。

終わったのは23時半。

夢のような出来事でした。

夢よ再び・・・



3/16 ビーコンシアター公演セットリスト

第一部
Statesborro Blues
Don’t Keep Me Wonderin’
Hot‘Lanta
Who’s Been Talkin’?
Come and Go Blues
Desdemona
So Many Roads, So Many Trains (w/ John Hammond)
Shake for Me (w/ John Hammond)
Cryin For My Baby (w/ John Hammond)


第二部
Oncoming Traffic (Gregg w/ Susan Tedeschi)
Comin’Home (w/ Bonnie Bramlett and Bekka Bramlett and Susan Tedeschi)
Only You Know and I Know (w/ Bonnie Bramlett and Bekka Bramlett and Susan Tedeschi)
Come On Into My Kitchen (w/ Bonnie Bramlett and John Hammond)
The Weight (w/ Bonnie Bramlett and Bekka Bramlett and Susan Tedeschi and Bruce Katz)
Nobody Left to Run With

アンコール
Preachin’ Blues
Jessica
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE!LIVE!LIVE!

エリック・クラプトン&ジェフ・ベック公演 09/02/21@さいたまスーパーアリーナ

ああ、あれから1週間が経ってしまった。

本当ならとっくに書いていた記事だったのにあまりにもいろいろなことがあって忙しくブログには手を付けられず。。。

ま、何はともあれ忙しいのはありがたいことです。


そんなわけで2/21のエリック・クラプトン&ジェフ・ベック、さいたまスーパーアリーナ公演です。
さいたまスーパーアリーナ

今回も裏から手を回し(笑)良席をゲット。

人脈は有り難し。

このふたりが共演するのは初めてではないがキチンとした公演として共演するのは初めて。

グッズも飛ぶように売れたみたいですね。

この日は歴史の目撃者になるために行ったようなもんだ。



第1部はジェフ・ベック。

今回はこのステージを観て2月前半に行われていた単独公演に行かなかったことを後悔した。

完璧で繊細なステージングに圧倒されてしまった。

ジェフ・ベック、とても63歳とは思えない。。。

あの年で真っ白なノースリーブ着れるんだから(笑)

しかしベースのタルちゃん、かわいい上に演奏が上手いときたもんだ。

1時間もないくらいのステージでしたが堪能できました。


第2部は神様クラプトン。

こちらは落ち着いたステージング。

物足りなさは否めず。。。

これはきっと第3部のための気力・体力の温存であったのだろうか?

ん〜・・・もうちょっとなんとかならんかったのかいな・・・とか唸っていると・・・


第3部はふたりの奇跡の共演です。

クラプトンのバンドにジェフ・ベックが入る形で演奏が始まる。

ヤバイ!!!

もの凄いステージを観てしまった!!!!!

クラプトンもさっきのステージとはうって変わって激しいギターバトルを繰り広げているではないか!

お互いノリノリなので双眼鏡でステージを一生懸命覗いてみた(笑)

最後の曲はスライ&ザ・ファミリーストーンのI Want To Take You Higher。

意外な選曲であったがこれがまた迫力のある演奏で凄かった。。。


そしてあれから1週間。
すでにブートが出回っており(早っ!!)早速聴いてみた。

冷静に聴いてみてもやはり素晴らしい演奏だったのがよくわかる。

歴史的共演はやってるほうも聴いてるほうも最高の時間だったことはまず間違いない。

やはり「行かないで後悔」というのはしたくないですな。

少なくとも僕の辞書にはその言葉はありません(微笑)

第1部 Jeff Beck

The Pump
You Never Know
Cause We've Ended As Lovers
Stratus
Angel(Footsteps)
Led Boots
Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues
Blue Wind
A Day in the Life

Peter Gunn Theme


第2部 Eric Clapton

-sit down-
Driftin'
Layla(acoustic)
Motherless Child
Running on Faith

Tell The Truth
Little Queen of Spades
Before You Accuse Me
Cocaine
Crossroads

第3部 Jeff Beck&Eric Clapton

You Need Love
Listen Here / Compared to What (medley)
Here But I'm Gone
Outside Woman Blues
Little Brown Bird
Wee Wee Baby

I Want To Take You Higher



Eric Clapton & His Band:
Eric Clapton - guitar, vocals
Doyle Bramhall II - guitar, backing vocals
Willie Weeks - bass
Abe Laboriel Jr - drums
Chris Stainton - keyboards
Michelle John - backing vocals
Sharon White - backing vocals

Jeff Beck Band:
Jeff Beck - guitar
Tal Wilkenfeld - bass
Vinnie Colaiuta - drums
David Sancious - keyboards
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE!LIVE!LIVE!

エリック・クラプトン来日公演 09/2/18@日本武道館

昨日はクラプトン様の武道館2日目でした。

僕も2日目。

今夜も御大はノリノリでご機嫌よく歌にギターに張り切っている感じが伝わってきました。

曲も1曲を除いてすべて同じ。

でもLaylaのソロなんかが溜めが効いてましたね。


この日は明らかに初日よりも客のテンションが高め(笑)

皆相変わらず座っての観覧です。

ステージの上にいるお方も座っている方も年齢高めだからなぁ(笑)

でもお客さんの真剣に聴く姿勢はしっかりと神に伝わっていたと思います。

しかしここ数年ですっかり70年代モードになってきたクラプトン。

「あの頃」を思い出しているのでしょうか。

先日と同じくドミノスナンバーもTell The Truth、 Key To The Highway、 Why Does Love Got To Be So Sad、 Layla の4曲。

僕の中では生涯好きな曲でしょう。

次のライブが待ち遠しい・・・

次はまた今週末だったような気が・・・

次はスーパーアリーナか。遠いな。。。

すんません、来週からしっかり仕事します(笑)


2/18 @日本武道館 セットリスト

01. Tell The Truth
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. I Shot The Sheriff
05. Isn't It A Pity
06. Why Does Love Got To Be So Sad
07. Driftin' (EC Solo Blues)
08. Travelin' Alone
09. I Can't Judge Nobody
10. Motherless Child
11. Running On Faith
12. Motherless Children
13. Little Queen of Spades
14. Before You Accuse Me
15. Wonderful Tonight
16. Layla
17. Cocaine

Encore:
18. Crossroads
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE!LIVE!LIVE!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。