SKID ROW / SKID ROW

SKID ROW / SKID ROW

SKID ROW

あのボンジョヴィに発掘され、その弟分として89年にデビューしたSKID ROW

西城秀樹の妹分としてデビューした河合奈保子と同じ扱いですね(笑)
ね?ヲカモ氏?(笑)

なにせ当時はヴォーカルのセバスチャン・バックのルックスがとても良くそれだけでファンになったヒトもいるのでは?

ニュージャージーからまたいいバンドが出てきたゼ、なんて噂になったもんです。

でもこのアルバムがデビューとは思えないなかなかいいアルバム。

最初から最後まで名曲揃い。

ここから出したヒット曲は・・・

「18 AND LIFE」「YOUTH GONE WILD」「I REMEMBER YOU」ですね。

しかしそれ以外の曲も完成度高いですよ。

高校生の頃は同じクラスの岸クンとよく聴いておりました。
SKID ROWは彼から教えてもらったのでした。

ノリノリの曲もあれば当時流行ったメタルバラードの「18 AND LIFE」や「I REMEMBER YOU」などのような悲しげなメロディーもお手の物。

その後の大躍進を予感させる出来。

今ではすっかりハードロックのクラシックになっていて、とりあえずは聴いておかなくてはいけないもののひとつと数えられているのでは。

セバスチャンの感情がでているヴォーカルは聴く価値アリか。


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:25 | Comment(2) | TrackBack(2) | S
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。