Paul McCartney / McCartney

Paul… Naked

ビートルズ脱退が公になった1週間後の1970年4月17日に発売。

Paul McCartney / Paul McCartney

Paul McCartney / McCartney


ポールには、バンド活動が危機に陥ったり私的に大打撃を受けたりすると、DIYアルバム(この”McCartney”および1980年の”McCartney II”)を作り、その後で傑作アルバムを作る(1973年の”Band on the Run”や1982年の”Tug of War”)というパターンがある。

つまり、ビートルズ解散後のポールは、1人になると底力をより発揮している(”Band on the Run”は Paul McCartney & Wingsの作品だが、実質的にはポールのソロ作品)。


1980年代初めに遂にデニー・レインがウィングスを脱退した後はバンドを組まず、そのつど異なるメンバーでレコーディングとツアーを行っているが、これがポールにとってベストの形だろう。

クラシック音楽の多くの楽聖の中でも本当の楽聖はモーツァルトのみだと言われるが、ポールはモーツァルトに並ぶ天才である。
ポールのみが、ポピュラー音楽の多くの天才の中で神の領域に達している。

だから、ポールの才能やキャラクターに拮抗してバンドを続けられるミュージシャンは、ビートルズのメンバー以外にいなかったのだ。

ポールに弱点があるとすれば、それは、ジョージ・ハリスンに「朝から晩まで ”I, me, mine”」と皮肉られるような、仕切り屋で自己チューの自分のそばにいて、自分を肯定してくれる人間を必要としたことだろう。

デニー・レインとリンダの功績は、この役割を果たしたことだった。
ついでに言えば、リンダは、オノ・ヨーコと違って邪魔にならない、ファンにとってはまことにありがたい人だった。
(全人類が同じ意見だと思うが、オノ・ヨーコは、コンセプチュアル・アーティストとしては才能があるかもしれないが、音楽をやってはいけない。特に歌は。)

そのリンダへの愛を歌った、タイトルもモロに”The Lovely Linda”という曲から始まる”McCartney”は、どの曲も簡素だが、それゆえにポールの才能の骨格が剥き出しになっている。

“Every Night”と”Maybe I’m Amazed”は、今もポールが好んで演奏している完成された作品だし、ワイルドな”Oo You”は”Helter Skelter”を思い出させる。

その他の「ポールの鼻歌」程度の曲でも、すべてメロディが美しい。
インストゥルメンタルの曲も、構成がシンプルなだけに、楽器の1つ1つが対等に自己主張しており、ポールのマルチ・プレーヤーぶりを堪能できる。

特に、アドリブで、別々に作ったものを繋ぎ合わせたという”Momma Miss America”のドラムには、この人は、ベースだけでなく、ドラムスにもここまで歌わせてしまうのだと感動する。

アルバム最後の”Kreen-Akrore”は、ポールは、メロディ・メーカーであるだけではなく、とてつもなく優れたリズム・メーカーでもあるのだと知らしめてくれる。

文:brasilbrasileiro
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 20:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | P

POLICE / SYNCHRONISITY

POLICE / SYNCHRONISITY

SYNCHRONISITY

STINGは知ってるけどPOLICEは知らない。」
なんて世代が実は増えてきてるのではないだろうかとふと思う昨今です。

STINGのベースとヴォーカル、
ANDY SUMMERSのギター、
STEWART COPELANDのドラム、

ひとりひとりが強烈な個性を持ったミュージシャンであり、その3人が見事に調和した、
まさに究極のトリオと言っても過言ではないバンド。

10+10+10が10000になってしまったような人達です。

このアルバムは名曲づくし。

大ヒットした「every breath you take(見つめていたい)」をはじめ、
当時はシングルカットされた曲が次々とチャート上位にランクインしていました。

CDのみ、LPには収録されていないボーナストラック1曲が追加されているのですが、
その曲もお蔵入りにするにはもったいないぐらいの名曲です。
当時、MTV等でオンエアされたプロモーションビデオも映像としての完成度が非常に高く、
ビデオ集も発売されています。

きっと、バンドにはそれぞれ到達点みたいなものがあって、エネルギーが最高潮に達する時期がふとどこかで訪れたタイミングで、最高傑作と呼べる作品を世に残すように思います。

そして、このアルバムを最後にPOLICEは活動にピリオドを打ちました。

解散というものは基本的に寂しい出来事なのですが、POLICEの解散には不思議と寂しさを感じませんでした。

きっと、「SYNCHRONISITY」にPOLICEとしての到達点を見る事が出来たからだと思います。

こんな素晴らしいアルバムを作ったのだから文句ナシ。
おつかれさまでした、ありがとう。といった心境でした。

再結成?
して欲しいとも思わないし、しないでしょうね。
だってPOLICEは「SYNCHRONISITY」で昇華したのだから、
その必要がないでしょう。

究極のトリオが辿り着いた一つの答え。
大好きな一枚です。


文:ヰケダ
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | P
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。