GUNS N' ROSES / APPETITE FOR DESTRUCTION

80年代ハードロック界きっての代表作。

GUNS N' ROSES / APPETITE FOR DESTRUCTION

APPETITE FOR DESTRUCTION


ロック好きでこのアルバム持ってないヒトはいないでしょ?
というくらいポピュラーなアルバム。

1987年発表の「APPETITE FOR DESTRUCTION」はこれまでのハードロックの概念をぶち壊し、巨大に膨れ上がったガンズ・アンド・ローゼズのデビュー盤。

高校一年生だった僕のハートに火を点けた思い出深いアルバムです。

アクセル・ローズ(Vo)
イジー・ストラドリン(G)
スラッシュ(G)
ダフ・マッケイガン(B)
スティーブン・アドラー(Ds) がオリジナルメンバー。

このアルバムは1年掛かりで全米1位(1988年)に。
普段からの素行も非常に悪く、本物の「ワル」ってこういうやつなんだ、と高校生の僕は認識してました。暴力事件、クスリ、ライブの途中放棄なんて当たり前のトラブルメーカー。
その当時はバッドボーイズロックという言葉でカテゴライズされるロックの代表格でした。

しかしそんなことはどうでもいいくらいすごいアルバムですよ。
一度聴いたら耳から離れないアクセルの声。
前面に出てくるスラッシュのギター。
いわゆる捨て曲なんてものはありません。

1988年あたりはこのアルバムから何曲もシングルカットされヒット連発。

パンクのエッセンスがふんだんに盛り込まれた正調ハードロック、攻撃的な爆音で人気爆発でした。
当時はこれ聴いてないやつとは友達になれない、というくらい気に入ってましたね。

このバンドの代表曲は?なんて質問はしてはいけません。
なぜなら全曲代表曲ですからね。

そんな中でも特に印象深いのは「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」「パラダイス・シティ」でしょうか。
どれもPV(プロモーション・ビデオ)もカッコイイ!!
当時のMTVを撮ったビデオテープは宝物でした。

ライブでも群を抜くパフォーマンスで人気に拍車を掛けるが1988年にイギリスで行われたモンスターオブロックに参加、そこでGN'Rの演奏中に2人の観客が圧死してしまうという事故が起きた。
彼らの人気を示す事件であった。

その後はメンバーの入れ替わりが激しくなり自然消滅の状態。

彼らオリジナルメンバーでの唯一のスタジオ作品は結局これ1枚のみ。
しかし彼らがこのアルバムを残した功績は計り知れない。。。



文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(3) | G
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。