アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜

キャンセルが出て仕事が早目に終わったので今夜やっとレイトショーで「アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜」を観てきた。

結果、かなり泣けた。


映画 『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 予告編



現在、周りのロック好きの友人やK-styleロック部のクライアントさんの間ではかなり話題になっているのだ。

今までアンヴィルって聴いたことがなかった。ちょろっと名前を聞いた程度。

しかも1984年に僕の地元の西武球場でロックフェスで来日してたことなど知る由もなかった。

これはANVILというキャリア20数年の売れないヘヴィメタバンドを追っかけたノンフィクション映画である。

夢を追いかける姿やバンドメンバーの家族の言葉を聞いて涙が出ないヤツは俺が許さん!と言えるくらい感動的なストーリーである。

一見華やかに見えるショービズの世界こそこのような残酷な現実があるのだろう。

似たような話はゴマンとあるかもしれない。

しかしこれがキャリア20数年の彼らのプライドであり現実なのだ。

スクリーンにあからさまに映し出される彼らバンドの現在の状況や心境が痛々しい。

こんなに失敗が連続する大人はあまりいないかもしれない(苦笑)

でも好きなことをやっていることに対しては全然めげてない。

本当に不器用だけど心底ピュアなヘヴィメタおやじ。

1回でも華やかな舞台を経験するとそれが麻薬のようになって何かにとり憑かれたようにそれを追い求めるのはプロレスラーととても似ているかもしれない。

そしてどんな困難が待っていようとも住宅ローンが払えないくらい生活が困窮しようとも音楽だけはやめられない彼らを見て、オトコなら皆自分が生活するためにあるいは家族のために捨ててきたものが心に去来するのではないだろうか。

そしてそれを羨ましく思う自分とあんな風にはなりたくないという自分の葛藤。

結果、あんなにピュアにはなれない自分に気付く。


「20年後、30年後には誰だって死ぬんだ。だから今(ヘヴィメタバンドを)やってるんだよ。」
51歳のヘヴィメタバンドのおっさんにそれを言われたら説得力あるなぁ。

「人との関わりが人生で一番大事なんだ」
という言葉に彼らが苦労してきた時間が垣間見える。

今まで片手で済んでしまうくらいの観客の前で演奏していた彼らが映画の最後には日本のヘヴィメタフェスに呼ばれて満員の幕張メッセでイキイキとプレイする姿に涙。。。

そのライブを終え渋谷駅前のスクランブル交差点でたたずむ彼らの顔が印象的だった。

そのひと仕事終えたとても満足そうな顔が彼らのヒドイ状況を見せつけられた僕らを救ってくれた。

好きなものにこんなに純な気持ちでいられたらいつ死んでも後悔しないだろうなぁ。

これがオトコのロマンだ。

ヘヴィ・メタルとかダサイし〜なんて言ってないで観たほうがいいって!

これは僕が音楽に対して特に愛情を注いでいるから思うことではなく、人生とは?友情とは?あきらめないってことって何?という答えがすべて詰まっているのだ。

単純にロックやヘヴィメタが好きか嫌いかという括りで分けてしまう映画ではない。

人生の悲哀と喜びに充ち溢れている感動的なストーリーだ。
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | A

AIRPLAY / AIRPLAY

AIRPLAY / AIRPLAY

AIRPLAY

優れたミュージシャンであり、優れたプロデューサーでもある、
JAY GRAYDONDAVID FOSTERの二人が組んだグループ、AIRPLAY

彼らが提供した曲、手がけた作品は数限りなくあるものの、AIRPLAY自体は後にも先にもこれ一枚っきりのアルバム制作、そして彼らのセンスがぎっしり詰まった作品でもあります。

やりたい事をふんだんに盛り込んで、最初から最後まで自分達の思うがままにアルバムを作ったらこんな作品が出来てしまうのではないだろうか、と思えるほど、一曲一曲が実に贅沢に作られている印象を受けます。


まさに「やり尽くした作品」です。


曲のセンス、音のセンスともに非常にクオリティが高く、かといって変な嫌味もなく聴かせてしまうところに彼らの確かな力量を感じます。

一番の魅力はメロディの美しさです。

特にバラードは秀逸で、曲中のギターソロで多用されるハーモニーは絶妙、何度聴いても素晴らしいと思います。

今や大御所となった二人の若かりし頃の、ゴージャスでエネルギーに満ち溢れた一枚です。


文:ヰケダ

posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | A

ALLMAN BROTHERS BAND / AT FILLMORE EAST

さぁ始まりました、@日吉★ロックス。
第一回目のアルバム紹介ですからまずはAからということで。

1971年発表のALLMAN BROTHERS BAND 「AT FILLMORE EAST」です。
AT FILLMORE EAST

ロックファンなら知らない人はいませんよね?文句なしのサザンロックの英雄です。

3枚目となるこのアルバムがヒットして成功へのきっかけを掴みました。

録音されたのは1971年3月12日、13日。
その名の通り興行師ビル・グラハムがNYに作った伝説のライブハウスFILLMORE EASTでのライブ収録盤です。

プロデューサーはTOM DOWD。オールマンとは関わりが深い人物ですね。

このオールマン・ブラザーズ・バンドの特徴としてはツインギターにツインドラムを擁するリズムセクションという変則的な編成でしょうか。分厚い音を出しまくってます。

初期のオールマンといえばやはりデュアン”スカイドッグ”オールマンの存在でしょうね。

後にバイク事故で亡くなる彼はスライドギターの名手であり、様々なアーチストからリスペクトされる彼の味のあるスライドギターのプレイはこのアルバムでも冴え渡っております。

彼の生前の魂のこもった演奏が聴ける必聴盤。

1曲目のSTATESBORO BLUESからデュアンがスライドしまくっていて、今でもこのイントロを聴くだけで鳥肌モンです。

この1曲目のインパクトだけで高校生だった頃のワタクシはノックアウトでした。

このアルバムは2枚組でトータル約80分。

聴きどころといえばそのデュアンのギタープレイはもちろん、ディッキー・ベッツの絡み合うようなもう一本のギターも最高!長い曲でも途切れない緊張感。まとまり感。
グレッグのボーカルもいいです。

後にこのFILLMORE EASTでのライブの完全版といえるこちら
THE FILLMORE CONCERT

THE FILLMORE CONCERTSというアルバムも出ております。

こちらのアルバムは「AT FILLMORE EAST」にさらに5曲足して、音質も良く、バージョン違いなども含まれており、さらに聴き応えがあります。

しかし、ワタクシとしてはこの「AT FILLMORE EAST」のほうがしっくりくるんですよね。

この後もさらに「AT FILLMORE EAST+6」などという音のいいデラックス・エディションも出ています。

ワタクシもアナログとこちらのCD3枚で結局4枚持っておりますが、何枚持っていても後悔はありません!!というぐらいグレートなアルバムです。

ジャケットもかっこ良過ぎですね。大好きなアルバムです。


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:57 | Comment(14) | TrackBack(2) | A
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。