曽我部 恵一/LOVE LETTER

ここしばらく、毎日のように聴いているアルバムがあります。


曽我部 恵一/LOVE LETTER

曽我部 恵一/LOVE LETTER

いい!!実にいい!!

改めるまでもなく思います。大好きです。

なんでしょうね。何がいいんでしょ?不思議ですね。



冷静に客観的に聴くと、ちょっとハズかしい詞だし、音楽も決して新しくないですよ。

そんな表面が必要なんじゃないんですよ!!

魂とか、カコイイ云い方じゃなく、きっと、人間「 曽我部 恵一 」が好きなんだ。


ぜひ友達になりたい。

いや、でもそれはそれでよろしくないか。


嫉妬の嵐ですよ!?この同い年の天才には。



俺ももっと自分の仕事を極められたら友達になって下さい。



アルバムはですね。

ホントは心配だったですよ。

前作 「 STRAWBERRY 」 が最高だったので。

多くのアーティストって、思い入れが強いほど新譜の期待とのギャップって大きくないですか?「ガッカリ・・・」って。



杞憂でした。



更にいい!!

前作よりラウドかと思えば前作よりメロウ、振り幅が大きい。

この人の魅力を余すところなく表現してます。

「バタフライ」で幕を開けラウドのまま、「ジュークボックス・ブルース」から「ねむれないあの娘のために」への流れ最高。

「抱きしめられたい」とかサニーディっぽくて泣ける。 「 24時 」 ぐらいの頃の感じかなぁ。

聴かずに死ねるか!!



特典欲しさにオンライン予約までして、人より早く手に入れたのに全然飽きませんね。



また次作、心配ですが、きっと裏切ってくれるでしょう。

文:たぐっちゃん


posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽あ〜さ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。