FACES / A NOD IS AS GOOD AS A WINK...TO A BLIND HORSE

FACES / 馬の耳に念仏

A NOD IS AS GOOD AS A WINK...TO A BLIND HORSE

1971年発表の彼らの3作目。

彼らの歴史はスモール・フェセズから続いている。

あのスティーブ・マリオットがスモール・フェイセズを脱退し、その後に加入したロッド・スチュワート(Vo)とロン・ウッド(G)。

このスモール・フェイセズの居残り組
ロニー・レイン(B)
イアン・マクレガン(key)
ケニー・ジョーンズ(dr)
と先の2人の化学反応がイギリス史上に残る名バンドとなった。

個人的にはFACESの作品の中では一番気に入っているアルバム。
このアルバムの辺りが彼らの頂点だったかも。

彼らの持ち味が存分に発揮されていて痛快なロックンロールアルバムに仕上がっていますね。

個性の強いロッドのヴォーカルもバックの演奏にしっかり馴染んでいて唯一無比。

ジェフ・ベック・グループ時代でもソロの時代でもなくロッドのヴォーカルが一番冴えているのはこの時期なのでは?などと思うんですが。

それにスライドしまくりのロン・ウッドのギター。
イアン・マクレガンのピアノもかなりポイント高いです。

こんなにカッコよくルーズな音をコントロールできるバンドはあんまりいないね。

ここにはFACESのヒット曲である「STAY WITH ME」も収録。
この曲の頭の部分のフレーズでメンバー全員の個性が丸出し。

このそれぞれのパートがずれているようでいてドンピシャと合う瞬間がもうたまらん。


決してB級ではないけれど不思議とそんな香りが漂うFACES。

今度DVDも買おう。うん。
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(2) | F
この記事へのコメント
観ました。
武道館の初来日公演。
純白のステージ上で繰り広げられた
R&Rショーは最高でした。ベース
は山内テツ。ロッドが自慢の足で
サッカーボールを蹴ったのを鮮明に
覚えています。

これも大好きだけど、「ウーララ」
や「ライヴ」も捨てがたいです。
英国の牧歌的風景とアメリカのR&R
が溶け込んだ素敵なバンドです。
G・サテライツ、B・クロウズ、
シェリル・クロウも影響を受けています。

ROAのレギュラーDJの小尾さんが
一番好きなバンド、それがフェイセスです。

ふぃがろのBBSも宜しくね。
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/s-tagaya/

Posted by シナボン at 2005年05月25日 20:47
★シナボンさま

そうですか。うらやましい。。。

やはりシナボン世代には勝てんわ(笑)
ラビットですね。
良かったんだろうなぁ。

そうね、ライブ、ウーララも好きっす。


しかしふぃがろのBBSはえらいオタッキーですな(笑)
皆さんの必死さがBBSから見てとれます。
レコの取り合いが傍から見ていてけっこう笑えます(笑)
やはり埼玉はお宝が隠れているようですね。
横浜にはそんなニオイのするお店がないっすね〜。
Posted by コトー at 2005年05月26日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3880284

この記事へのトラックバック

Never a Dull Moment/Rod Stewart
Excerpt: Never a Dull MomentRod StewartMercury 1998-03-31[ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] 名曲"Maggi..
Weblog: OOH LA LA - my favorite songs
Tracked: 2005-06-15 11:09

フェイセズ (Faces)
Excerpt: First StepThe Small Faces Warner Bros. 1993-09-14売り上げランキング : 18,896おすすめ平均Amazonで試聴するスモール・フェイセズの3人にJ..
Weblog: School of Rock
Tracked: 2005-12-19 14:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。