アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜

キャンセルが出て仕事が早目に終わったので今夜やっとレイトショーで「アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜」を観てきた。

結果、かなり泣けた。


映画 『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 予告編



現在、周りのロック好きの友人やK-styleロック部のクライアントさんの間ではかなり話題になっているのだ。

今までアンヴィルって聴いたことがなかった。ちょろっと名前を聞いた程度。

しかも1984年に僕の地元の西武球場でロックフェスで来日してたことなど知る由もなかった。

これはANVILというキャリア20数年の売れないヘヴィメタバンドを追っかけたノンフィクション映画である。

夢を追いかける姿やバンドメンバーの家族の言葉を聞いて涙が出ないヤツは俺が許さん!と言えるくらい感動的なストーリーである。

一見華やかに見えるショービズの世界こそこのような残酷な現実があるのだろう。

似たような話はゴマンとあるかもしれない。

しかしこれがキャリア20数年の彼らのプライドであり現実なのだ。

スクリーンにあからさまに映し出される彼らバンドの現在の状況や心境が痛々しい。

こんなに失敗が連続する大人はあまりいないかもしれない(苦笑)

でも好きなことをやっていることに対しては全然めげてない。

本当に不器用だけど心底ピュアなヘヴィメタおやじ。

1回でも華やかな舞台を経験するとそれが麻薬のようになって何かにとり憑かれたようにそれを追い求めるのはプロレスラーととても似ているかもしれない。

そしてどんな困難が待っていようとも住宅ローンが払えないくらい生活が困窮しようとも音楽だけはやめられない彼らを見て、オトコなら皆自分が生活するためにあるいは家族のために捨ててきたものが心に去来するのではないだろうか。

そしてそれを羨ましく思う自分とあんな風にはなりたくないという自分の葛藤。

結果、あんなにピュアにはなれない自分に気付く。


「20年後、30年後には誰だって死ぬんだ。だから今(ヘヴィメタバンドを)やってるんだよ。」
51歳のヘヴィメタバンドのおっさんにそれを言われたら説得力あるなぁ。

「人との関わりが人生で一番大事なんだ」
という言葉に彼らが苦労してきた時間が垣間見える。

今まで片手で済んでしまうくらいの観客の前で演奏していた彼らが映画の最後には日本のヘヴィメタフェスに呼ばれて満員の幕張メッセでイキイキとプレイする姿に涙。。。

そのライブを終え渋谷駅前のスクランブル交差点でたたずむ彼らの顔が印象的だった。

そのひと仕事終えたとても満足そうな顔が彼らのヒドイ状況を見せつけられた僕らを救ってくれた。

好きなものにこんなに純な気持ちでいられたらいつ死んでも後悔しないだろうなぁ。

これがオトコのロマンだ。

ヘヴィ・メタルとかダサイし〜なんて言ってないで観たほうがいいって!

これは僕が音楽に対して特に愛情を注いでいるから思うことではなく、人生とは?友情とは?あきらめないってことって何?という答えがすべて詰まっているのだ。

単純にロックやヘヴィメタが好きか嫌いかという括りで分けてしまう映画ではない。

人生の悲哀と喜びに充ち溢れている感動的なストーリーだ。
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | A

Michael Jackson / This Is It Part2

そしてそのすべてを超越してしまっている姿を見ながら・・・

これはなんだ?
何かに似ているぞ?

としばし映像を見ながら考え込む。。。



そうか、マイケルのライブはディズニーランドなんだ、と思った。


これは先日マイケルの大ファンのクライアントさんと話している時にそのSさんが言っていた言葉を思い出した。

「なんかマイコーの映像を見ていてディズニーランドに似てるって思ったんです」

そうなのだ、ライブ全体がディズニーランドでマイケルはミッキーなんだ。

年齢、性別、人種問わずなんか気になる存在、または憧れる存在。

完璧なまでのリハはパーフェクトなところを見せるディズニーに似ているではないか。



やはりマイケルは人間を超越したところにいたのだ。




これは亡くなってしまったから過大評価しているわけではなく事実そう感じてしまっているのだ。

リハーサルを詰めていく作業の途中にマイケルも苛立つ。

だけど決して他のスター達のように声を荒げることはない。

言いたいことは優しい言い回しで、さらには怒っていないということまで相手に伝える。

その怒っているけど怒っていない姿に優しさと寂しさが同居するように感じたのは僕だけではないと思う。

なんだか気の弱い人間だったのかも、とさえ感じる。


この映画はただのリハーサル風景を切り取っているだけではなく、ライブ完成までにあるいろんなストーリーが散りばめられている。

そしてまた我々はその中に隠されたストーリーを感じなくてはならない。

亡くなっていなければ絶対に出てこなかった映像なのだろうが、これはすでに映画たりうるものだ。

そう、映画としてきっちり成立しているのだ。




もし過去にマイケル・ジャクソンを少しでもかすったことのある方は絶対に観たほうがいい。

この世に生きている意味が少し変わってくるかもしれないから。
この世に生きている価値が解るかもしれないから。
そして
この世に生きている喜びを味わうために彼が必要だから。



DVDではなくぜひ映画館で観てください。

我々とマイケルの本当の意味での邂逅はもしかすると今なのかもしれない。

posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | M

Michael Jackson / This Is It Part1

マイケル・ジャクソンがこの世からいなくなったとされてから4か月か。

本当にいなくなったのかな?

元々手の届かないところにいる人だから実感はあまりない。

正直なところ僕は熱心なファンではなかった。

だからこのブログでも彼のことを書くのはなんとなく気が引けたのだ。

だから亡くなった後も触れてはいけないような気がしていた。

お恥ずかしながらマイケルの音源は「Off The Wall」、「Thriller」、それに2003年に出たベスト盤の3枚しか持っていない。
Michael Jackson / Off The Wall


さらに付け加えればJackson5も3枚だけ。

亡くなってから他の音源を集めることもなく4か月が過ぎた。


大事な物は失って初めて気付くとよく言うが彼の存在も僕にとってそうなのかもしれない。

マイケルを初めて意識したのはやはりスリラー。

中学校1年だったかな、当時ベストヒットUSAで見たのが最初。

でもその後もすごく好きで聞き込んだ、ということもなかった。

しかしほとんどの曲は知っている。

R&B、ブルース、ソウル、ファンク、ロックンロール、POP、ダンスミュージック、ディスコミュージック・・・

全てを飲みこんでなお進化し続ける姿はもっと見ておくべきだったと今さらながら思う。

今回の映画は次回のライブに向けてのリハーサル風景を中心に捉えたノンフィクション。

マイケルの歌やダンスもすごいのだが印象に残ったのはライブの完成に向けての完璧なまでのリハーサル風景。

そしてステージのすべてを管理し、自分の音楽を熟知しているプロとしての強い姿。

今回、もしマイケルが生きていたら素晴らしいライブになったであろうことは容易に想像できてしまう。

今回の映画はそういった意味でも「もしライブをやっていたら・・・」という我々の想像力を働かせるということを宿題として残してくれたのかもしれない。

でもきっと彼はそんな我々の陳腐な想像力よりももっとすごい立ち位置にいたであろうことも同時に想像できてしまう。

そこが全てを超越したスーパースターと言われる所以かもしれない。
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 03:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | M
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。