川口 大輔 / Sunshine After Monsoon

川口 大輔 / Sunshine After Monsoon



夏が来るね。雨が好きだけど、季節が移り変わるのは仕方がないことだね。

暑い夏が、せめて爽やかに過ごせますように、こんな音楽はどうでしょう。

おととし、2004年の作品です。

プロデュースは松尾潔。軽めの音作り。

でも太陽は、湿度の低い国の太陽じゃなく、モンスーンが運んでくるような太陽。熱帯雨林の太陽。

そう、ちょうど最近のニッポンの気候みたい。

あんまり楔みたいに心の奥に打込まれる音楽じゃないけれど、つい口ずさむようなメロディ。

コンポーザーとしても有名で、ここ最近のチャートをにぎわしてる曲にも、この人のクレジットを見つけることができます。

そういう曲は単体で聴くと、提供先のほうが上手く作っているような気がするけど。

このアルバムは、「Sunshine After Monsoon」って、ホントにそんな感じ。

トータルプロデュースが秀逸だと思う。

ピアニストでもある彼は、ボッサ・サルサ・ラテン・ブラジリアンといったバンドでキャリアを積んだみたい。

インスト曲には色濃く反映されているよ。



十年先にこのアルバムが、名盤として残っているかは関係ない。

もしかしたらニッポンの気候も変わっているかも知れないし。

梅雨の晴れ間に、「Sunshine After Monsoon」を感じながら聴きたい。



万人受けしないのはセールスが物語ってるけど、俺はありです。

夏が暑い人には聴いてみて欲しい。

やっぱり夏は暑いんだなって、思うから。


文:たぐっちゃん
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽あ〜さ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。