FACES / A NOD IS AS GOOD AS A WINK...TO A BLIND HORSE

FACES / 馬の耳に念仏

A NOD IS AS GOOD AS A WINK...TO A BLIND HORSE

1971年発表の彼らの3作目。

彼らの歴史はスモール・フェセズから続いている。

あのスティーブ・マリオットがスモール・フェイセズを脱退し、その後に加入したロッド・スチュワート(Vo)とロン・ウッド(G)。

このスモール・フェイセズの居残り組
ロニー・レイン(B)
イアン・マクレガン(key)
ケニー・ジョーンズ(dr)
と先の2人の化学反応がイギリス史上に残る名バンドとなった。

個人的にはFACESの作品の中では一番気に入っているアルバム。
このアルバムの辺りが彼らの頂点だったかも。

彼らの持ち味が存分に発揮されていて痛快なロックンロールアルバムに仕上がっていますね。

個性の強いロッドのヴォーカルもバックの演奏にしっかり馴染んでいて唯一無比。

ジェフ・ベック・グループ時代でもソロの時代でもなくロッドのヴォーカルが一番冴えているのはこの時期なのでは?などと思うんですが。

それにスライドしまくりのロン・ウッドのギター。
イアン・マクレガンのピアノもかなりポイント高いです。

こんなにカッコよくルーズな音をコントロールできるバンドはあんまりいないね。

ここにはFACESのヒット曲である「STAY WITH ME」も収録。
この曲の頭の部分のフレーズでメンバー全員の個性が丸出し。

このそれぞれのパートがずれているようでいてドンピシャと合う瞬間がもうたまらん。


決してB級ではないけれど不思議とそんな香りが漂うFACES。

今度DVDも買おう。うん。
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(2) | F

頭脳警察 / 頭脳警察セカンド

頭脳警察 / 頭脳警察セカンド

頭脳警察セカンド

頭脳警察

強烈なネーミングをしたもんだ。

由来はフランク・ザッパの「Brain Police」という曲から頂戴したそうだ。

そのままじゃん(笑)

我が地元の所沢生まれのPANTA(G,Vo)とトシ(Per,Dr)の2人によるユニット。

あまりに過激な歌詞により1stアルバムは発禁。
確か2001年だったか?その1stも無事再発されまして。
CDだけじゃなくアナログも買ってしまいましたが。この再発アナログは貴重か?

そしてこの2ndも発売1ヵ月でこれまた発禁。

1990年にやっと再発。

たしかに頭脳警察の歌詞は攻撃性に溢れており、聴く者を扇動するチカラに溢れていることは間違いない。

なぜにここまでアグレッシブに歌うのか?

当時は学生運動が盛んに行われていた時期であり、時代に反抗する若者で溢れていたことにも関係がありそうだ。
そのような集会にも出てヘルメット被って歌っていたようだし。

こんな歌を聴いたらそりゃ学生運動だってやりたくなるわな。

銃をとれ!」なんて政府を糾弾するような歌だもんね。
政府に対して銃を向けるという歌詞ですから。

こりゃ当時なら回収されますね。


PANTAの歌詞はこのアルバム以降、徐々に過激さを消していくものの社会に対して皮肉を込めた歌詞は健在。

これぞロックの歌詞であろう。


何かに対して自由を。
何かに対して反抗を。


このアルバム聴くとなんだか凄くアナーキーな気分になるんだよねぇ〜。

危険です。


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽あ〜さ

DAVID BOWIE / THE RISE AND FALL ZIGGY STARDUST

DAVID BOWIE / THE RISE AND FALL ZIGGY STARDUST

THE RISE AND FALL ZIGGY STARDUST

この作品はデヴィッド・ボウイが異星人のジギー・スターダストというキャラに扮して作った名作。

異星人のRISE&FALL、つまり栄光と堕落を物語にしたコンセプトアルバム。

アルバムごとに音が違い、様々に変化してゆく彼の作風の一部がこれ。

まぁ、いろんな意見があるにせよ、このアルバムでデヴィッド・ボウイが表に出てきて人気を不動のものにしたことは確かなのでは?

バックバンドにミック・ロンソンをバンマスに据えたスパイダース・フロム・マーズを従えて架空のキャラを演じきっている。

ミック・ロンソンのギターの演奏ももちろん、デヴィッド・ボウイの抑揚のあるヴォーカルがこのアルバムの最大の聴き所か。
なかなかいいコンビネーションです。

このミック・ロンソンも癌で亡くなってから久しいですね。

このアルバムは当時流行はじめていたグラムロックの世界を総ざらいにしてしまったくらい強烈なコンセプトアルバムですね。


僕は最初から最後まで全曲好きです。

意味深っぽい「Five Years」、リフもサビもカッコイイ「Starman」、コマーシャルでも使われていた「Lady Stardust」、代表曲「Ziggy Stardust」、カバーされることも多いノリノリの「Suffragette City」などなど。

何回も連続で聴くとおなかいっぱいで少々飽きるケド(笑)

この頃の映像をみるとスンゴイ格好、化粧で歌っていてびっくりしますが、それでもカッコイイってずるいっすね。

そんなグラムな宇宙人に乾杯!!


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(3) | D

JOHNNY WINTER AND / LIVE

JOHNNY WINTER AND / LIVE

LIVE

テキサス出身のブルースマン、ジョニー・ウィンター

彼が盟友のリック・デリンジャーと共にフィルモア・イーストで行ったライブの実況盤。

名作です。

文句なし。

天才ブルースギタリストがゴリゴリのロックを聴かせてくれます。

1曲目の「Good Morning Little School Girl」のイントロのすんごいドラム。
これはボビー・コードウェルの凄まじいドラムの音。
これだけでシビレちゃいます。

オリジナルは一曲のみであとはカバー。
そのどれもが直球勝負のストレートな曲ばかり。

中でも秀逸なのはストーンズのカバーである「Jumpin' Jack Flash
かなりの数のアーティスト達がこの曲のカバーをしているが、ジョニー・ウィンターのものが一番好きかも。

どの曲もリック・デリンジャーとの息がぴったりでスピーカーから左右交互に聞こえてくるギターの掛け合いなどは彼らの黄金期のプレイならでは。

〆は「Johnny B. Good
この曲の始まりの「ロックンロ〜〜〜ル」という掛け声がもうたまらん。


この驚異のロックのお手本を聴いてない方はお早めに。


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | J

AIRPLAY / AIRPLAY

AIRPLAY / AIRPLAY

AIRPLAY

優れたミュージシャンであり、優れたプロデューサーでもある、
JAY GRAYDONDAVID FOSTERの二人が組んだグループ、AIRPLAY

彼らが提供した曲、手がけた作品は数限りなくあるものの、AIRPLAY自体は後にも先にもこれ一枚っきりのアルバム制作、そして彼らのセンスがぎっしり詰まった作品でもあります。

やりたい事をふんだんに盛り込んで、最初から最後まで自分達の思うがままにアルバムを作ったらこんな作品が出来てしまうのではないだろうか、と思えるほど、一曲一曲が実に贅沢に作られている印象を受けます。


まさに「やり尽くした作品」です。


曲のセンス、音のセンスともに非常にクオリティが高く、かといって変な嫌味もなく聴かせてしまうところに彼らの確かな力量を感じます。

一番の魅力はメロディの美しさです。

特にバラードは秀逸で、曲中のギターソロで多用されるハーモニーは絶妙、何度聴いても素晴らしいと思います。

今や大御所となった二人の若かりし頃の、ゴージャスでエネルギーに満ち溢れた一枚です。


文:ヰケダ

posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | A

MARVIN GAYE / WHAT'S GOING ON

MARVIN GAYE / WHAT'S GOING ON

WHAT'S GOING ON


ここに載せるにはちょっと違う物かもしれませんが。

あえて。

タイトルにもある有名な曲「WHAT'S GOING ON」

彼の代表作というよりはソウルの代表作、アメリカの代表作と言ってもいいぐらいの名曲。

中身は当時のベトナム戦争の泥沼化を歌った反戦の歌。

このアルバムにおいては反戦、宗教、環境問題などかなりヘヴィーな内容の歌ばかり。

世の中を憂いている彼の姿がそのまま歌になっている。

モータウンはこのアルバムを世に出すことを渋ったそうだ。

そりゃそうでしょう。

問題アリだもんね。普通。

しかし彼の歌はいろんな価値観を越えて後世に残る名作となって今でも彼の精神が息づいている。
あの9・11の後もこの歌がアメリカでどれだけカバーされたことか。

ジャケットの彼の表情はどんな気持ちの表れなんだろうか。

すごく遠くを見ているけれど。


そんな彼は後に精神的な錯乱を起こし、さらには父親に銃殺されるという未来が待っているのである。。。


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | M

SKID ROW / SKID ROW

SKID ROW / SKID ROW

SKID ROW

あのボンジョヴィに発掘され、その弟分として89年にデビューしたSKID ROW

西城秀樹の妹分としてデビューした河合奈保子と同じ扱いですね(笑)
ね?ヲカモ氏?(笑)

なにせ当時はヴォーカルのセバスチャン・バックのルックスがとても良くそれだけでファンになったヒトもいるのでは?

ニュージャージーからまたいいバンドが出てきたゼ、なんて噂になったもんです。

でもこのアルバムがデビューとは思えないなかなかいいアルバム。

最初から最後まで名曲揃い。

ここから出したヒット曲は・・・

「18 AND LIFE」「YOUTH GONE WILD」「I REMEMBER YOU」ですね。

しかしそれ以外の曲も完成度高いですよ。

高校生の頃は同じクラスの岸クンとよく聴いておりました。
SKID ROWは彼から教えてもらったのでした。

ノリノリの曲もあれば当時流行ったメタルバラードの「18 AND LIFE」や「I REMEMBER YOU」などのような悲しげなメロディーもお手の物。

その後の大躍進を予感させる出来。

今ではすっかりハードロックのクラシックになっていて、とりあえずは聴いておかなくてはいけないもののひとつと数えられているのでは。

セバスチャンの感情がでているヴォーカルは聴く価値アリか。


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:25 | Comment(2) | TrackBack(2) | S

BECK,BOGERT&APPICE / BECK,BOGERT&APPICE

BECK,BOGERT&APPICE / BECK,BOGERT&APPICE

BECK,BOGERT&APPICE


73年発表のBB&Aの唯一のアルバム。

一回バンドを結成する話があった後にジェフ・ベックが交通事故に遭い、結成の話がなくなるもその後に紆余曲折を経て無事結成されたこのバンド。

ジェフ・ベックと元ヴァニラ・ファッジ⇒元カクタスのカーマイン・アピス(ds),ティム・ボガート(b)の3人で結成されたすでに完成された3人組。

ジェフ・ベックの神の領域にまで達しているギタープレイはもちろん聴き応えあり。

しかもバックを固めるリズム隊がものすごくタイトで寸分の狂いもなく変則的な曲も難なくこなしているあたりがスーパーグループの名にふさわしいバンドではないだろうか。

こんな完璧なバックがついていればこそジェフ・ベックのギターが光るというものだろう。

このバンドにおいて僕的にはギターの音も好きだがバックのドラムプレイ、ベースプレイのほうが気になってしまうことのほうが多いかもしれない。

スティービー・ワンダー、カーティス・メイフィールドの曲も彼らなりの解釈ですっかりロックに変身していて興味深い。

日本でしか発売されていない日本で行ったライブのライブ盤もあるがそれも素晴らしい出来。

機会があればそちらもご紹介したいですね。

タイトな演奏を楽しめる一枚なのではないでしょうか。


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | B

村八分 / ライブ

村八分 / ライブ

ライブ

73年に出た村八分(むらはちぶ)のライブ盤。

70年代の日本にもいたんですねぇ、こんなロックを感じさせるバンドが。

チャーボーこと柴田和志と元ダイナマイツの山口富士夫が中心となって京都で結成された村八分。

山口富士夫の奇跡的とも思えるギターにわけのわからん(笑)歌詞を乗っけて歌うチャーボーのヴォーカル。

曲名だって「あッ!!」「鼻からちょうちん」「のうみそ半分」「ぐにゃぐにゃ」「のぶてぶぎー」「ねたのよい」・・・などとすっかり違う世界へ飛んでいます(笑)

しかし、こんな絶妙な組み合わせはこのバンドの強烈な個性となっていて、こうやって30年以上経って聴いても全然色褪せてない。

この村八分の音は考えて聴いてはいけない。

フィーリングでしょう。フィーリング。

ローリング・ストーンズを思わせる音色。

初めて聴いた時は鳥肌が立ったのを覚えている。

当時の村八分はメディアに露出することを嫌い、ライブ活動を唯一の世間との接点と捉えていたようで、そのミステリアスさがさらに村八分を伝説としてしまったようだ。

だから写真も音源も非常に少ないし映像もほんの20分くらいのものしかこの世には存在しないようだ。

近々BOXセットが出るようですが、その唯一残っている慶応大学の三田祭でのライブ映像がDVDでBOXセットに入っているようです。
(ちなみにこれは以前CDのオマケとしてVHSでは少しだけ出回った物である)


それだけにこのライブ盤の奇跡的な出来は非常にありがたいことなんです。


もし僕がギターが弾けたとして、タイムマシンに乗ったとして、入りたいバンドに入れてあげるよ、と言われたら・・・

迷わず「村八分」と答えるでしょう。

ちなみに僕の部屋にポスターまで貼ってある始末(笑)

自分、相当このバンド好きみたいです。


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 邦楽ま〜わ

BLUE CHEER / VINCEBUS ERUPTUM

BLUE CHEER / VINCEBUS ERUPTUM

VINCEBUS ERUPTUM

'68年発表のブルーチアーの1st。

ディッキー・ピーターソンがベースを弾きながらヴォーカルをとるトリオ編成。

たった6曲ながら轟音を鳴らし、勢いで迫りくるなかなかのアルバムです。

カバーながらブルーチアーの代表曲となっている「SUMMERTIME BLUES」。

WHOのそれもいいけどこちらにはこちらの味があります。

なんといっても爆音ガレージの元祖という説もあるくらい地味ながらも後に与えた影響は計り知れない。

2曲目に収録されているブルースの名曲「ROCK ME BABY」もヘタウマながらいいです。

これをみても分かるようにブルースが根底に流れているガレージロック。

ライブなどではあまりに爆音で音を出すため音が歪んでしまい何の曲やってるのかよくわからんという説もあるくらい(笑)

数年前奇跡的に来日を果たしブルーチアー健在を誇示したことは記憶に新しいです。

観ときゃよかったよ。

そのときのライブ盤も出てるけど聴いてないや。

とりあえずこのアルバムは聴いてみてください。

ヘタウマで轟音の真髄を知れ!


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | B

advantage Lucy / Station

advantage Lucy / Station

Station

甘酸っぱいアルバムです。

大好きなんです。まさにツボですね。

このバンドはあまり作風が変わりません。メジャーデビュー時なんですかね?、改名して現在のバンド名になりました。音的には改名の影響はなさそうです。

僕は変化や進化を、このバンドに関しては、望みません。

次のアルバムはどんなことをして僕らを驚かせてくれるんだろう?って期待させるアーティストも多いですけど、advantage Lucyはずっとこのままここにいて欲しい。


決して同じ曲に聞こえる訳じゃないです。

ただ、例えばVo.のアイコが他のアーティストの曲を歌ったらそれはきっと、Lucyになっちゃうんだろうなと思う。


このままのスタンスを維持して欲しいですね。

勝手な言い方だけど、売れなくてよかった。

売れて魅力がなくなったって、ありがち。

いまもライブは続けてるみたいだし、できればインディでいいから新作が聴きたい。

このアルバムのあと、またインディに戻っちゃいましたが。


まったく勝手言ってますね。

売れなきゃ新作どころじゃないよねぇ。ライブもできないし。

それ以前にご飯食べられないね。


よしっ、次のアルバムも絶対買いますよ!



音の説明を少々。

ポップスです。切ないネオアコ。恋をしていた頃を思い出します。

好きなあの娘や彼にメールしているときの音楽です。

どんな音楽よ、それ!?

まぁ聴いてみ、当らずとも遠からず。


文:たぐっちゃん
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽あ〜さ

MOTLEY CRUE / GIRLS GIRLS GIRLS

MOTLEY CRUE / GIRLS GIRLS GIRLS

GIRLS GIRLS GIRLS

87年の作品。
こんな時代もありましたね(笑)

僕が高校1年生の時でした。

時代はLAメタルだのバッドボーイズロックだのと騒がれていた時でしたね。
なつかすぃ〜。

このCDの当時の帯にはこんな文句が・・・
モトリーに犯されたいオマエ、

そして女にもてたい奴はついてきな!

ロックの真髄を体で教えてやるぜ!

とのことです(笑)


この頃はどえらくワイルドな風貌でした。
バイクに革ジャン、そしてご多分に漏れず酒にドラッグ。
下品さでも群を抜いていましたね。

しかしこのアルバムは今聴いてもカッコイイ!!

最初から最後まで駄作なし。

WILD SIDE」「GIRLS GIRLS GIRLS」「YOU'RE ALL I NEED」など彼らの代表作満載。

メンバーは
ヴィンス・ニール(vo)
ミック・マーズ(g)
ニッキー・シックス(b)
トミー・リー(ds)
の4人。

4人に力が一体となったハードロックの歴史に残る名作。

この頃のライブで話題となったのはドラムスのトミー・リー。
なんとドラムスの台が360°回転してしまうパフォーマンス。
イスに括りつけられて逆さまでドラムを叩くという離れ技をやってのけた。
後にも先にも彼だけでしょう。そんなことするのは。

また最後の曲「JAILHOUSE ROCK」(監獄ロック)はきつい冗談なんすよ。
ヴォーカルのヴィンスが刑務所から出てきたから歌ったんだって(笑)


スキャンダルには事欠かない人達でしたね。
メンバーの不仲により解散したがまた昨年オリジナルメンバーで再結成し、今年の秋頃には来日という噂。
懲りてないようですね(笑)

ま、来たら行きますよ。彼らの勇士を拝んでおきます。


文:コトー
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | M
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。