Paul McCartney / McCartney

Paul… Naked

ビートルズ脱退が公になった1週間後の1970年4月17日に発売。

Paul McCartney / Paul McCartney

Paul McCartney / McCartney


ポールには、バンド活動が危機に陥ったり私的に大打撃を受けたりすると、DIYアルバム(この”McCartney”および1980年の”McCartney II”)を作り、その後で傑作アルバムを作る(1973年の”Band on the Run”や1982年の”Tug of War”)というパターンがある。

つまり、ビートルズ解散後のポールは、1人になると底力をより発揮している(”Band on the Run”は Paul McCartney & Wingsの作品だが、実質的にはポールのソロ作品)。


1980年代初めに遂にデニー・レインがウィングスを脱退した後はバンドを組まず、そのつど異なるメンバーでレコーディングとツアーを行っているが、これがポールにとってベストの形だろう。

クラシック音楽の多くの楽聖の中でも本当の楽聖はモーツァルトのみだと言われるが、ポールはモーツァルトに並ぶ天才である。
ポールのみが、ポピュラー音楽の多くの天才の中で神の領域に達している。

だから、ポールの才能やキャラクターに拮抗してバンドを続けられるミュージシャンは、ビートルズのメンバー以外にいなかったのだ。

ポールに弱点があるとすれば、それは、ジョージ・ハリスンに「朝から晩まで ”I, me, mine”」と皮肉られるような、仕切り屋で自己チューの自分のそばにいて、自分を肯定してくれる人間を必要としたことだろう。

デニー・レインとリンダの功績は、この役割を果たしたことだった。
ついでに言えば、リンダは、オノ・ヨーコと違って邪魔にならない、ファンにとってはまことにありがたい人だった。
(全人類が同じ意見だと思うが、オノ・ヨーコは、コンセプチュアル・アーティストとしては才能があるかもしれないが、音楽をやってはいけない。特に歌は。)

そのリンダへの愛を歌った、タイトルもモロに”The Lovely Linda”という曲から始まる”McCartney”は、どの曲も簡素だが、それゆえにポールの才能の骨格が剥き出しになっている。

“Every Night”と”Maybe I’m Amazed”は、今もポールが好んで演奏している完成された作品だし、ワイルドな”Oo You”は”Helter Skelter”を思い出させる。

その他の「ポールの鼻歌」程度の曲でも、すべてメロディが美しい。
インストゥルメンタルの曲も、構成がシンプルなだけに、楽器の1つ1つが対等に自己主張しており、ポールのマルチ・プレーヤーぶりを堪能できる。

特に、アドリブで、別々に作ったものを繋ぎ合わせたという”Momma Miss America”のドラムには、この人は、ベースだけでなく、ドラムスにもここまで歌わせてしまうのだと感動する。

アルバム最後の”Kreen-Akrore”は、ポールは、メロディ・メーカーであるだけではなく、とてつもなく優れたリズム・メーカーでもあるのだと知らしめてくれる。

文:brasilbrasileiro
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 20:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | P

brasilbrasileiroさんのプロフィール

名前:brasilbrasileiro

年齢:生後3ヶ月の時にビートルズ来日

職業:教師

保育所か幼稚園の時に、宇野重吉主演のNHKドラマ(ストーリーまで覚えてるけど、タイトルは失念)で劇中歌に使われていた"Let It Be"にやられる。

小学校時代は歌謡曲にはまり、中学入学直前に買った"Revolver"が洋楽初LP、以来ロックにはまって高校卒業まで過ごす。
今好きなジャンルは、ブリティッシュ・ロック、ブラジル音楽(ボサ・ノヴァとMPB)など。
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲストライタープロフィール

アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜

キャンセルが出て仕事が早目に終わったので今夜やっとレイトショーで「アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜」を観てきた。

結果、かなり泣けた。


映画 『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 予告編



現在、周りのロック好きの友人やK-styleロック部のクライアントさんの間ではかなり話題になっているのだ。

今までアンヴィルって聴いたことがなかった。ちょろっと名前を聞いた程度。

しかも1984年に僕の地元の西武球場でロックフェスで来日してたことなど知る由もなかった。

これはANVILというキャリア20数年の売れないヘヴィメタバンドを追っかけたノンフィクション映画である。

夢を追いかける姿やバンドメンバーの家族の言葉を聞いて涙が出ないヤツは俺が許さん!と言えるくらい感動的なストーリーである。

一見華やかに見えるショービズの世界こそこのような残酷な現実があるのだろう。

似たような話はゴマンとあるかもしれない。

しかしこれがキャリア20数年の彼らのプライドであり現実なのだ。

スクリーンにあからさまに映し出される彼らバンドの現在の状況や心境が痛々しい。

こんなに失敗が連続する大人はあまりいないかもしれない(苦笑)

でも好きなことをやっていることに対しては全然めげてない。

本当に不器用だけど心底ピュアなヘヴィメタおやじ。

1回でも華やかな舞台を経験するとそれが麻薬のようになって何かにとり憑かれたようにそれを追い求めるのはプロレスラーととても似ているかもしれない。

そしてどんな困難が待っていようとも住宅ローンが払えないくらい生活が困窮しようとも音楽だけはやめられない彼らを見て、オトコなら皆自分が生活するためにあるいは家族のために捨ててきたものが心に去来するのではないだろうか。

そしてそれを羨ましく思う自分とあんな風にはなりたくないという自分の葛藤。

結果、あんなにピュアにはなれない自分に気付く。


「20年後、30年後には誰だって死ぬんだ。だから今(ヘヴィメタバンドを)やってるんだよ。」
51歳のヘヴィメタバンドのおっさんにそれを言われたら説得力あるなぁ。

「人との関わりが人生で一番大事なんだ」
という言葉に彼らが苦労してきた時間が垣間見える。

今まで片手で済んでしまうくらいの観客の前で演奏していた彼らが映画の最後には日本のヘヴィメタフェスに呼ばれて満員の幕張メッセでイキイキとプレイする姿に涙。。。

そのライブを終え渋谷駅前のスクランブル交差点でたたずむ彼らの顔が印象的だった。

そのひと仕事終えたとても満足そうな顔が彼らのヒドイ状況を見せつけられた僕らを救ってくれた。

好きなものにこんなに純な気持ちでいられたらいつ死んでも後悔しないだろうなぁ。

これがオトコのロマンだ。

ヘヴィ・メタルとかダサイし〜なんて言ってないで観たほうがいいって!

これは僕が音楽に対して特に愛情を注いでいるから思うことではなく、人生とは?友情とは?あきらめないってことって何?という答えがすべて詰まっているのだ。

単純にロックやヘヴィメタが好きか嫌いかという括りで分けてしまう映画ではない。

人生の悲哀と喜びに充ち溢れている感動的なストーリーだ。
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | A

Michael Jackson / This Is It Part2

そしてそのすべてを超越してしまっている姿を見ながら・・・

これはなんだ?
何かに似ているぞ?

としばし映像を見ながら考え込む。。。



そうか、マイケルのライブはディズニーランドなんだ、と思った。


これは先日マイケルの大ファンのクライアントさんと話している時にそのSさんが言っていた言葉を思い出した。

「なんかマイコーの映像を見ていてディズニーランドに似てるって思ったんです」

そうなのだ、ライブ全体がディズニーランドでマイケルはミッキーなんだ。

年齢、性別、人種問わずなんか気になる存在、または憧れる存在。

完璧なまでのリハはパーフェクトなところを見せるディズニーに似ているではないか。



やはりマイケルは人間を超越したところにいたのだ。




これは亡くなってしまったから過大評価しているわけではなく事実そう感じてしまっているのだ。

リハーサルを詰めていく作業の途中にマイケルも苛立つ。

だけど決して他のスター達のように声を荒げることはない。

言いたいことは優しい言い回しで、さらには怒っていないということまで相手に伝える。

その怒っているけど怒っていない姿に優しさと寂しさが同居するように感じたのは僕だけではないと思う。

なんだか気の弱い人間だったのかも、とさえ感じる。


この映画はただのリハーサル風景を切り取っているだけではなく、ライブ完成までにあるいろんなストーリーが散りばめられている。

そしてまた我々はその中に隠されたストーリーを感じなくてはならない。

亡くなっていなければ絶対に出てこなかった映像なのだろうが、これはすでに映画たりうるものだ。

そう、映画としてきっちり成立しているのだ。




もし過去にマイケル・ジャクソンを少しでもかすったことのある方は絶対に観たほうがいい。

この世に生きている意味が少し変わってくるかもしれないから。
この世に生きている価値が解るかもしれないから。
そして
この世に生きている喜びを味わうために彼が必要だから。



DVDではなくぜひ映画館で観てください。

我々とマイケルの本当の意味での邂逅はもしかすると今なのかもしれない。

posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | M

Michael Jackson / This Is It Part1

マイケル・ジャクソンがこの世からいなくなったとされてから4か月か。

本当にいなくなったのかな?

元々手の届かないところにいる人だから実感はあまりない。

正直なところ僕は熱心なファンではなかった。

だからこのブログでも彼のことを書くのはなんとなく気が引けたのだ。

だから亡くなった後も触れてはいけないような気がしていた。

お恥ずかしながらマイケルの音源は「Off The Wall」、「Thriller」、それに2003年に出たベスト盤の3枚しか持っていない。
Michael Jackson / Off The Wall


さらに付け加えればJackson5も3枚だけ。

亡くなってから他の音源を集めることもなく4か月が過ぎた。


大事な物は失って初めて気付くとよく言うが彼の存在も僕にとってそうなのかもしれない。

マイケルを初めて意識したのはやはりスリラー。

中学校1年だったかな、当時ベストヒットUSAで見たのが最初。

でもその後もすごく好きで聞き込んだ、ということもなかった。

しかしほとんどの曲は知っている。

R&B、ブルース、ソウル、ファンク、ロックンロール、POP、ダンスミュージック、ディスコミュージック・・・

全てを飲みこんでなお進化し続ける姿はもっと見ておくべきだったと今さらながら思う。

今回の映画は次回のライブに向けてのリハーサル風景を中心に捉えたノンフィクション。

マイケルの歌やダンスもすごいのだが印象に残ったのはライブの完成に向けての完璧なまでのリハーサル風景。

そしてステージのすべてを管理し、自分の音楽を熟知しているプロとしての強い姿。

今回、もしマイケルが生きていたら素晴らしいライブになったであろうことは容易に想像できてしまう。

今回の映画はそういった意味でも「もしライブをやっていたら・・・」という我々の想像力を働かせるということを宿題として残してくれたのかもしれない。

でもきっと彼はそんな我々の陳腐な想像力よりももっとすごい立ち位置にいたであろうことも同時に想像できてしまう。

そこが全てを超越したスーパースターと言われる所以かもしれない。
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 03:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | M

Derek Trucks Band & Doobie Brothers 公演09/09/30@NHKホール

昨夜は引越しの片付けも程々に済ませてLIVEに出掛けてしまいました。

奥さんに済まない気持ちを引きずりながら(笑)

でもチケットは数ヶ月前に取っていたのでね。

昨夜はNHKホールにてDerek Trucks Band & The Doobie Brothersを観てきました。

デレクのほうはいつも通りの雰囲気で、滞りなく超絶テクをさりげなく披露しつつの安定した演奏。

定番のAnydayも良かったなぁ。。。

デレクのほうのハイライトはKey to the Highwayにてドゥービーの面々とのセッションか。
豪華でした。


かたやドゥービーのほうがいきなり問題発生。
PAに問題があったのか音が聴こえないトラブルが。
それでも気が付けばあれだけ高い年齢層の観客(笑)をオールスタンディングにさせての演奏は高く評価して良いのでは。

あの時間のあの場所だけアメリカだった。

知らず知らずのうちにグイグイ引き込まれるかなり満足度の高いライブでした。

これぞベテランの味か。

これがアメリカンオヤジのロックンロールショウだぜ!!文句あっか?あん?
みたいな昭和の香りがしました。

これからもなかなかドゥービーを観る機会はないと思うのでなんだかんだ言っても観ておいて良かったですね〜
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | D

オールマン・ブラザーズ・バンド公演 09/03/16@ビーコンシアター

今回の旅のメイン。

オールマン・ブラザーズ・バンドのライブ。

 ニューヨーク ビーコンシアター入口


憧れのニューヨーク・ビーコンシアターで観ることができました。

ニューヨーク ビーコンシアター


今回のライブはオールマン・ブラザーズ・バンド結成40周年と銘打たれた記念ライブだったのでとてもスペシャルな内容でした。
ABB ビーコンシアター公演


また結成時のメンバーで1971年10月29日に亡くなったデュエイン・オールマンのトリビュートライブでもある。

このバンドのリーダーであり立役者でもあった。

ライブのところどころでステージ後ろのモニターにデュエインの若かりし頃のスライドが流れる。切ない。
デュエイン・オールマン


この日のゲストはジョン・ハモンド、スーザン・テデスキー、ボニー・ブラムレット。

今までオールマンズやデュエインに関わった人が日替わりゲストという形で登場しまくります。

でも誰が出るかは当日、その場にならないとわからないので出てくるまでがドキドキです。

この日一番嬉しかったのはボニー・ブラムレットが出てきてデラニー&ボニーの曲からComin’HomeとOnly You Know and I Knowの2曲やってくれたこと。
彼らの曲の中でも大好きな2曲を。

さらにはTHE WIGHTも歌ってくれた。

日本にいたら絶対に観ることができない人だし大好きなアーチストだったので観ているうちに鳥肌が立っていた。。。

第一部、第二部、アンコールを含め2時間半のトリップ。

終わったのは23時半。

夢のような出来事でした。

夢よ再び・・・



3/16 ビーコンシアター公演セットリスト

第一部
Statesborro Blues
Don’t Keep Me Wonderin’
Hot‘Lanta
Who’s Been Talkin’?
Come and Go Blues
Desdemona
So Many Roads, So Many Trains (w/ John Hammond)
Shake for Me (w/ John Hammond)
Cryin For My Baby (w/ John Hammond)


第二部
Oncoming Traffic (Gregg w/ Susan Tedeschi)
Comin’Home (w/ Bonnie Bramlett and Bekka Bramlett and Susan Tedeschi)
Only You Know and I Know (w/ Bonnie Bramlett and Bekka Bramlett and Susan Tedeschi)
Come On Into My Kitchen (w/ Bonnie Bramlett and John Hammond)
The Weight (w/ Bonnie Bramlett and Bekka Bramlett and Susan Tedeschi and Bruce Katz)
Nobody Left to Run With

アンコール
Preachin’ Blues
Jessica
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE!LIVE!LIVE!

エリック・クラプトン&ジェフ・ベック公演 09/02/21@さいたまスーパーアリーナ

ああ、あれから1週間が経ってしまった。

本当ならとっくに書いていた記事だったのにあまりにもいろいろなことがあって忙しくブログには手を付けられず。。。

ま、何はともあれ忙しいのはありがたいことです。


そんなわけで2/21のエリック・クラプトン&ジェフ・ベック、さいたまスーパーアリーナ公演です。
さいたまスーパーアリーナ

今回も裏から手を回し(笑)良席をゲット。

人脈は有り難し。

このふたりが共演するのは初めてではないがキチンとした公演として共演するのは初めて。

グッズも飛ぶように売れたみたいですね。

この日は歴史の目撃者になるために行ったようなもんだ。



第1部はジェフ・ベック。

今回はこのステージを観て2月前半に行われていた単独公演に行かなかったことを後悔した。

完璧で繊細なステージングに圧倒されてしまった。

ジェフ・ベック、とても63歳とは思えない。。。

あの年で真っ白なノースリーブ着れるんだから(笑)

しかしベースのタルちゃん、かわいい上に演奏が上手いときたもんだ。

1時間もないくらいのステージでしたが堪能できました。


第2部は神様クラプトン。

こちらは落ち着いたステージング。

物足りなさは否めず。。。

これはきっと第3部のための気力・体力の温存であったのだろうか?

ん〜・・・もうちょっとなんとかならんかったのかいな・・・とか唸っていると・・・


第3部はふたりの奇跡の共演です。

クラプトンのバンドにジェフ・ベックが入る形で演奏が始まる。

ヤバイ!!!

もの凄いステージを観てしまった!!!!!

クラプトンもさっきのステージとはうって変わって激しいギターバトルを繰り広げているではないか!

お互いノリノリなので双眼鏡でステージを一生懸命覗いてみた(笑)

最後の曲はスライ&ザ・ファミリーストーンのI Want To Take You Higher。

意外な選曲であったがこれがまた迫力のある演奏で凄かった。。。


そしてあれから1週間。
すでにブートが出回っており(早っ!!)早速聴いてみた。

冷静に聴いてみてもやはり素晴らしい演奏だったのがよくわかる。

歴史的共演はやってるほうも聴いてるほうも最高の時間だったことはまず間違いない。

やはり「行かないで後悔」というのはしたくないですな。

少なくとも僕の辞書にはその言葉はありません(微笑)

第1部 Jeff Beck

The Pump
You Never Know
Cause We've Ended As Lovers
Stratus
Angel(Footsteps)
Led Boots
Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues
Blue Wind
A Day in the Life

Peter Gunn Theme


第2部 Eric Clapton

-sit down-
Driftin'
Layla(acoustic)
Motherless Child
Running on Faith

Tell The Truth
Little Queen of Spades
Before You Accuse Me
Cocaine
Crossroads

第3部 Jeff Beck&Eric Clapton

You Need Love
Listen Here / Compared to What (medley)
Here But I'm Gone
Outside Woman Blues
Little Brown Bird
Wee Wee Baby

I Want To Take You Higher



Eric Clapton & His Band:
Eric Clapton - guitar, vocals
Doyle Bramhall II - guitar, backing vocals
Willie Weeks - bass
Abe Laboriel Jr - drums
Chris Stainton - keyboards
Michelle John - backing vocals
Sharon White - backing vocals

Jeff Beck Band:
Jeff Beck - guitar
Tal Wilkenfeld - bass
Vinnie Colaiuta - drums
David Sancious - keyboards
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE!LIVE!LIVE!

エリック・クラプトン来日公演 09/2/18@日本武道館

昨日はクラプトン様の武道館2日目でした。

僕も2日目。

今夜も御大はノリノリでご機嫌よく歌にギターに張り切っている感じが伝わってきました。

曲も1曲を除いてすべて同じ。

でもLaylaのソロなんかが溜めが効いてましたね。


この日は明らかに初日よりも客のテンションが高め(笑)

皆相変わらず座っての観覧です。

ステージの上にいるお方も座っている方も年齢高めだからなぁ(笑)

でもお客さんの真剣に聴く姿勢はしっかりと神に伝わっていたと思います。

しかしここ数年ですっかり70年代モードになってきたクラプトン。

「あの頃」を思い出しているのでしょうか。

先日と同じくドミノスナンバーもTell The Truth、 Key To The Highway、 Why Does Love Got To Be So Sad、 Layla の4曲。

僕の中では生涯好きな曲でしょう。

次のライブが待ち遠しい・・・

次はまた今週末だったような気が・・・

次はスーパーアリーナか。遠いな。。。

すんません、来週からしっかり仕事します(笑)


2/18 @日本武道館 セットリスト

01. Tell The Truth
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. I Shot The Sheriff
05. Isn't It A Pity
06. Why Does Love Got To Be So Sad
07. Driftin' (EC Solo Blues)
08. Travelin' Alone
09. I Can't Judge Nobody
10. Motherless Child
11. Running On Faith
12. Motherless Children
13. Little Queen of Spades
14. Before You Accuse Me
15. Wonderful Tonight
16. Layla
17. Cocaine

Encore:
18. Crossroads
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE!LIVE!LIVE!

御大来日公演 09/2/15@日本武道館

いやぁ行ってきました。
御大の来日公演に。


どうも、コトーです。


本日15日から御大エリック・クラプトンの武道館公演です。

2009 クラプトン 武道館来日公演


今回は武道館7回、ジェフ・ベックとのジョイントでスーパーアリーナ2回という公演回数。

オイラはあと何回行くんだっけ?(爆)

今回もしっかりとドミノスナンバーが入ってました。フフフ。
DEREK&THE DOMINOS / Layla and Other Assorted Love Songs

注)ドミノスナンバーとは・・・クラプトンがデレク&ザ・ドミノスという名義のバンドを組んでいた時代があってそのバンド名義でのアルバムに収録されている曲ですね。代表曲はレイラ。

今回はKさんの計らいでステージから5列目のチケットを確保。

間近で神様を参拝してきました。

前回の2006年の来日に続いての今回の来日。

前回の来日公演では神様まであと30メートルだったけど今回はあと10メートル!ずいぶんと縮んだぞ!


前回はデレク・トラックスのスライドが鳥肌もんでしたが今回は不在。

正直デレク・トラックスがいない寂しさは感じるものの前回の来日公演と内容が似ていて非常に満足でした。

ブルースっぽさを出してはいたけれどメンバーともしっかり息が合っていて半年ぶりのツアーも大成功間違いなしではないでしょうか?

他の日も期待しましょう。

Set List:

01. Tell The Truth
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. I Shot The Sheriff
05. Isn't It A Pity
06. Why Does Love Got To Be So Sad
07. Driftin' (EC Solo Blues)
08. Travelin' Alone
09. That's Alright
10. Motherless Child
11. Running On Faith
12. Motherless Children
13. Little Queen of Spades
14. Before You Accuse Me
15. Wonderful Tonight
16. Layla
17. Cocaine

Encore:
18. Crossroads

EC Band:
Eric Clapton - guitar, vocals
Doyle Bramhall II - guitar, backing vocals
Chris Stainton - keyboards
Willie Weeks - bass
Abe Laboriel Jr. - drums
Michelle John - backing vocals
Sharon White - backing vocals
posted by JIYUGAOKA-ROCKS at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | E
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。